採用情報

先輩社員の声

私の仕事

トウチュウで働く、社員をクローズアップ!入社の経緯や、現在のお仕事内容、今後取り組んで行きたいことなどをご紹介します。

須田彩香さん

須田彩香さん製鋼事業所 営業課

パソコン作業が好きで事務としてお客様や社員のサポートが出来る仕事を探していました。就職活動をはじめた当初、トウチュウでは事務の募集をしていなかったため他の会社に就職することも考えていましたが、募集開始のお話しを聞きすぐに応募しました。生まれ育った美浜町に貢献したいと思いトウチュウへ入社しました。

現在の仕事は営業事務です。営業社員がお客様から受けた注文を専用システムに入力したり、営業社員がスムーズに仕事が出来るようサポートを行っています。サポートといっても三者三様。全く違う営業スタイルの社員をサポートすることは簡単なことばかりではありません。営業スタイルに合わせてサポート方法を変えることも必要なので日頃のコミュニケーションが大切だと実感しています。

職場の年齢層も幅広く10代から60代まで。地元出身の人が多いですが、海外出身の人も働いています。中には、日本語が苦手な社員もいるので翻訳機を使ったり、身振り手振りで会話することも。異文化交流が盛んなことも魅力のひとつです。

今後取り組んでいきたいことは業務改善を提案することです。最近では、注文を受けたら営業社員が台帳に手書きで記入したものをコピーし、専用システムに入力していた業務の改善を提案しました。手書き作業を廃止し、直接システムに入力するようにしたことでかなり作業時間が短縮され効率化が図れたと思います。入社年数に関係なく提案できるので、これからも制度を活用しつつ、もっと会社に有意義な改善を考えていきたいです。

佐藤史彬さん

佐藤史彬さんテクノセンター 技術開発部

大学の専攻は応用化学科で、触媒や材料設計について学び、大学院まで進みました。就職を考えたとき、大学で学んだ知識や経験を活かして技術系の仕事をしたいと思い、いろいろと調べていたときにトウチュウを知りました。珪砂部門と鋳造部門という2本の事業を持っており、珪砂については取扱量が国内トップクラスである点に魅力を感じました。

現在、私は技術開発部に所属しており、珪砂を始め新素材による新しい製品作りに携わっています。
開発は定型作業ではなく、自分で目標を設定し、そこに至るまでの仮説、検証方法などを考え出し、手探りで進めていくのが特長。手間や時間がかかるし、そもそも取り組んでいる方法が正解だとは限りません。しかし、苦労して開発を進めていき、自分の仮説通りの結果が出たときの達成感は格別です。

その喜びや苦しみを分かち合う職場の同僚や先輩がいることも心強いですね。
20代から30代が中心で、年齢的にも同世代。みな同様に「結果が分からないこと」について仕事をしているので、自然に相談したり、協力し合う風土が生まれてきます。チームワークのあるいい職場で仕事をさせてもらっています。

珪砂を扱う仕事はトウチュウでしか経験できないと仕事だと思います。需要が無くなりにくい資源を扱っているということが強みのひとつ。他社では聞いたことが無い、見たことがない、たくさんの発見があふれています。
だからでこそかもしれませんが、自分の部署以外の仕事が見えにくいなと感じることもあります。他の部署の人たちはどんな働き方をしているのか、今大変なことはなんだろうと。コロナ渦で交流を持つことは難しいですが、いつかは他の部署の仕事を経験したり話が出来る機会があるといいなと願っています。

今後は、いま取り組んでいる新しい無機充填材を実用化し、人にも環境にもやさしい社会の発展に貢献したいと考えています。また開発者であると同時に、開発した商品をうまくPRできるような技術を身に付け、セールスエンジニアリング的な仕事にも挑戦していきたいと思っています。

加藤颯人さん

加藤颯人さん製鋼事業所 製鋼課 保全係

学校の先生から薦めてもらったことがトウチュウを知ったきっかけです。鋳物製品を生産していくのに必要な設備の保全業務に興味がわいて、工場を見学しました。働いている社員の方々の姿を見て自分が働く姿を想像したとき、この会社なら自分のやりたいことが出来ると思い入社を決意しました。

私は今、入社の時に希望していた保全の仕事をしています。工場内にある設備の点検や故障に至る前に異常部の復元を行う予防保全、ヒューマンエラーや設備異常により故障してしまった際に原因を特定し、修理を行う事後保全を行っています。

職場の雰囲気は、活気にあふれ、居心地のいい職場です。なんてありがちな言葉ですかね。実際、上司や同僚とも垣根無く話が出来るのでついつい話しすぎてしまいます。仕事中もいい笑顔の上司が歩いてくると、こちらも笑顔になってしまいます。今回の写真を撮るときも、私よりも周りの方が楽しそうでしたね。それぐらい、温かな雰囲気の職場です。

仕事中は業務に専念、プライベートでは趣味を楽しんだり、家族、友人と出かけることも。週休2日でしっかり休みがとれるのでオンとオフを切替ながら充実した毎日を送っています。

今後の目標は、保全担当者として資格を取得したいと思っています。トウチュウには資格取得を支援してくれる制度があるので助かっています。加藤に任せれば安心だ、と社員の皆さんに信頼されるよう努力したいと思っています。

松木翔兵さん

松木翔兵さんアルミ事業所 アルミ保全課 型保全係

もともと他の会社で機械加工の仕事をしていましたが、知人からトウチュウで一緒に働こうと誘われたことがきっかけでトウチュウを知りました。元々ものづくりに興味があったので、挑戦するなら今しかないと決意し、地元の九州を離れ入社することを決めました。

入社して4年ほど製造部門に配属され、5年前より型保全に配属となり、ダイカストの金型の整備と修理を行っています。型保全の仕事は1年2年かけて学んでいく必要があるため最初はつまずくことも多いですね。しかし、教えてくださる先輩方のおかげで、着実にスキルアップできたと実感しています。

私の職場は、オンとオフがしっかりと分かれていることが魅力です。仕事が始まるとみんなの顔色が変わるので私のスイッチも入りますし、集中して取り組むことが出来ます。お昼は弁当を注文する人や持ってくる人など様々。会社で弁当を注文すると一部会社が負担してくれるので、注文している人も多いです。

私はこれからも型保全の仕事を続けていきたいと思っています。そのためにはまず、自分自身のスキルアップが必要だと思い、今は国家資格の取得を目指し日々勉強しています。先輩から教えてもらったことや自分の経験を後輩へ伝え、頼ってもらえる先輩社員となり、仲間と共に成長していきたいと思っています。